審査時には在籍確認が行われる

もし貴方が海外旅行で出掛けた時、ホテルに宿泊されるかと思いますが、そんな時にクレジットカードが便利です。
支払いにももちろん便利なのですが、何よりデポジットとして利用可能で、ホテルからの信頼を得ることが出来るのです。 在籍確認はクレジットカードの審査をする時に給与所得者に対して行われる確認電話となります。
本当に勤務先に在籍しているかどうかを、直接電話をかけることによって確かめることとなります。

 

クレジットカードの審査時に自営業などで自宅と同じ電話番号の場合は在籍確認をする意味がありません。
そのような場合には、実際に営業しているかどうかは別の審査項目が行われることとなります。 
在籍確認を取ることが出来なかった時には、クレジットカード審査をパスすることが出来ません。
日中に連絡をとれないような時には、本社など在籍確認の採れる連絡先を記入するようにしてください。



審査時には在籍確認が行われるブログ:18年10月24日

体に脂肪を溜めない食べる事とは、
「栄養バランスがいい食べる事」をとることです。
栄養バランスの悪い食べる事では、
体に溜まった脂肪を効率よく燃やすことはできません。

なぜ「栄養バランスがいい食べる事」が
脂肪を溜めにくいのかと言うと…

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・たんぱく質が
エネルギーとして効率よく使われるためには
ビタミン・ミネラルの助けが必要だからなんです。

ガソリンはあってもエンジンオイルがなければ、
車は動かないのと同じです。

炭水化物の主な供給源はご飯・菓子パンなどの主食で、
脂質・炭水化物の主な供給源は肉料理、魚料理などの主菜です。

体に溜まった脂肪を効率的に燃やす食べる事にするためは、
ビタミン・ミネラルの供給源である
野菜・海藻・きのこなどの「副菜」を
しっかりと摂ることがポイントになります。

簡単に言えば、栄養バランスのよい食べる事とは、
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品が揃った、
昔ながらの和食スタイルなんです。

毎日全てを揃えなくても、
今日の夕方食が肉料理だったら、
次の日の夕方食は魚料理にする…とか
11時は塩ラーメンだけだったから、
21時は多めに野菜料理を食べる、
…という工夫をしましょう!

食べる事をどのように食べるかも大切ですよ。
食べる事時間が不規則だったり、食べる事を抜いたりすると、
どうしても一食に食べすぎてしまいがちになります。

さらに、体が「空腹時間が長い=飢えている」と判断し、
できるだけ大量のエネルギーを脂肪としてため込もうとする
体になっていくのです。

体に溜まった脂肪を燃やしたいなら、
24時間3食は必ず守りたい基本と言えますね。